Hoth

無料DLC「バトルオブジャクー」を配信した際に、新しいゲームモードとしてターニング・ポイントが導入されました。 このゲームモードはコミュニティーで驚くほど評判になり、その人気に後押しされる形で、現在ウォーカー・アサルトとスプレマシーに対応している全マップでプレイが可能となるようにターニング・ポイント対応の拡張が行われました。

ターニング・ポイントは20対20の対戦モードで、反乱同盟軍はまず、帝国軍に支配されている3つのコントロールポイントを見つけ出さねばなりません。 これには制限時間がありますが、反乱同盟軍がコントロールポイントの制圧に成功することで追加の時間が与えられ、新たなコントロールポイントもアクセス可能となります。 最終目標は、決戦の舞台となる帝国軍基地へと侵攻する事。ただし、先に進むほど帝国軍の抵抗も激しくなります。

これに加え、ホスに完全新作のマルチプレイヤーマップが追加されました。このマップでは40人対戦の全ゲームモード(ウォーカー・アサルト、スプレマシー、ターニング・ポイント)とファイター・スコードロンがプレイ可能です。 闇に包まれ、激しい雪嵐が吹き荒れる辺境の氷の惑星が、全「Star Wars バトルフロント」のプレイヤーに新たな試練をもたらすでしょう。 ぜひ皆さんの感想をお聞かせください。

Hoth

そしてホスと言えば、1人あるいは協力プレイでチャレンジ可能なサバイバルミッションに新たに「氷の洞窟」のミッションが追加されました。次第に強さを増して現れる帝国軍部隊を相手にあなたのスキルを証明してください。 AT-ST、TIEファイター、精鋭ストームトルーパーなど、次のラウンドに現れる敵は予想もつきません。 新ミッションの全難易度をクリアして、コレクタブル集めのコンプリートにも挑戦をお忘れなく。

また、コミュニティーからの要望に応え、無料DLC「バトルオブジャクー」のプレイリストを通常のプレイリストに統合し、プレイヤーが同一のマッチメイキングロビーを利用できるようにしました。 これにより、より簡単に、お気に入りのモードで「バトルオブジャクー」のマップを選んでプレイに参加することができるようになります。

Outer Rim

3月には、さらなる無料アップデートと第1弾となるデジタル拡張パックが登場します。新しいマップや武器、ヒーロー、ゲームモードなど、皆さんが心待ちにしてきたコンテンツの導入を楽しみにお待ちください。 「Star Wars™ バトルフロント™ Outer Rim」拡張パックでは、サラストの軍需工場群やタトゥイーンのジャバ・ザ・ハットの宮殿が新たな戦いの舞台となります。

今後登場する各拡張パックの詳細については、こちらをご覧ください。 2月アップデートのパッチノート全文(英語フォーラム)はこちらからご覧いただけます。