Heroes and Villains

Star Wars™」の伝説のキャラクターで戦うことを夢見ているファンには、「ヒーローVS.ヴィラン」が「Star Wars™ バトルフロント™」でも一、二を争う、夢のゲームモードとなるでしょう。 ダークサイド、ライトサイド各3名の英雄が真っ向から激突し、これ以上の驚異の顔ぶれが揃うゲームモードは他にありません。 Platform(Web): [COMMON]

今回はリード・レベルデザイナーDennis Brännvallの解説を得て、「ヒーローVS.ヴィラン」を詳しく紹介します。 そのシステムと、いかにダイナミックな展開が生み出され、どうすればこのモードをマスターできるかを、以下で掴んでください。

「ヒーローVS.ヴィラン」では、「Star Wars」を代表するキャラクターが短い集中したラウンドを重ねながら、ダイナミックに激突します。 1回のマッチは複数のラウンドで構成され、各陣営3人のプレイヤーがランダムに、「Star Wars バトルフロント」のヒーローまたはヴィランとなって開始します。 ルーク・スカイウォーカーが、ダース・ベイダーやボバ・フェット、今後公表されるその他のヒーローやヴィランと、敵対あるいは協力して戦い合うことになります。

上記以外のプレイヤーは、それぞれ所属する反乱同盟軍または帝国軍の兵士となり、ゲームは6対6で争われます。 ヒーローやヴィランのプレイヤーは一度倒されると一般兵として復活します。 各陣営の目標は、敵のヒーローまたはヴィランをすべて倒すこと、もしくは、ラウンド終了時に相手よりも多くのヒーローまたはヴィランを生き残らせる事です。 つまり、攻めと守り両方を考えなければなりません。

Star Wars バトルフロント」のヒーローとヴィラン、善と悪の英雄をチェックする

「ヒーローVS.ヴィラン」をどのように戦うかは、プレイヤーのスキルレベルで変化する傾向があります。 初めて挑戦するビギナーの場合は、各3名のヒーローとヴィランが開始早々にマップの中央で激突します。 ですが経験を積むにつれて、より高度な戦術があることに気付き始めます。 HPのピックアップを出せるヒーローやヴィランと固まって行動したり、敵のサポート系ヒーローを先に叩くなどです。 他にもさまざまな戦術が存在します。

私は、タトゥイーンのマップで「ヒーローVS.ヴィラン」をプレイするのがお気に入りです。 このマップではルートが明確で、帝国軍は建物の外で、反乱同盟軍はコントロール室の中から開始します。 衝突は、駐機されたミレニアム・ファルコンの見えるメインハンガーで主に発生します。 帝国軍はメインエントランスの突破が難しそうに見えますが、別ルートに気付けば、追いつ追われつの面白い戦いが始まります。

ところで、3人の一般兵になった場合は、どうプレイすれば良いでしょう? 相手は強大です。こちらはある意味…消耗品、雑兵扱いを覚悟しなければなりません。 ですが、すぐに相手のヒーローやヴィランは一般兵のあなたではなく、より大きな星を狙っていることに気付くはずです。 ヒーローとして誕生しなかったからと言って、英雄的行為を成し遂げられないわけではありません。 スマートロケットなどの強力なピックアップを手に入れ、ダース・ベイダーなり何なり、目についた敵の大物に叩きつけてやりましょう。

プレイテストを初めてすぐに、「ヒーローVS.ヴィラン」ではダイナミックな展開が見られることがわかりました。 1人目のヒーローまたはヴィランがやられると、その陣営は距離をおき、狙撃に集中するなど、状況に合わせた適応を示します。 さらに、片方の陣営のヒーローまたはヴィランが残り1人で、相手に2から3人残っている場合も興味深い展開が見られます。 勝ちを得るには、たとえ不利であっても攻勢に出るしかなくなるのです。 こうした結果、多くのラウンドで最後まで手に汗握るアクションが繰り広げられます。

皆さんにも、「ヒーローVS.ヴィラン」のダイナミックなゲームプレイを気に入ってもらえることを願っています。 11月19日から始まる戦いでは、ぜひ伝説の英雄のひとりとなって、そのプレイを楽しんでください!

- Dennis Brännvall